アートと日々の日記帳

アート好きがつづるゆったりした日々の日記帳(アート編)

「生まれておいで 生きておいで 内藤礼」展へ行ってきました。

 

 今年は観たい展示が沢山あるのですが、その1つが内藤礼さんの個展でしたので、さっそく観てきました。

 

内藤礼さんは、日本の現代美術家です。

簡単にざっくり言うと自然現象(光とか風など)や空間を含めて作品にされている方です。

ご興味がある方は、もっと詳しくお調べしてみて下さいね。

 

今回は、東京国立博物館エルメスのギャラリーで連動した個展になっております。

 

東京国立博物館での会期は、2024年6月25日(火)〜9月23日(月・祝日振替休)迄

URL:https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=2637

エルメスのギャラリーでの会期は、2024年9月7日(土)〜2025年1月13(月・祝)迄

URL:https://www.hermes.com/jp/ja/content/maison-ginza/

※2024年7月10日現在:まだ告知は出ていませんが、現在の展示が終わる頃にはでているかなと予想しております。

 

 


今回の展示は、3箇所に展示場所が点在していました。

その間に常設展示があって、常設展時の作品自体が強く訴えてくる感じと五感を研ぎ澄まさなければみえてこない事もある内藤礼さんの繊細な作品のコントラストが面白かったです。

鑑賞した日が曇りの日だったので、静かな感じで素敵でした。

しかし、内藤礼さんは光の扱い方も上手い方なので今度は晴れた日の朝と昼と夕方の光でみたい気もします。

当日チケットと同じ日に限り再入場可能との事なので、試してみたいです。

シンメトリーなようでアシンメトリーな展示。

微かな空調の風に気が付かせるような装置 光と影の調子、常設展示にあるお揃い感のあるもの。

痕跡。

古い建物独特の香り。

備え付けの時計と動く光の対比。

子供の頃、太陽の光や雑草の水分を含んでキラキラした感じをみて、世界はなんて素敵なんだろうと思っていた感覚が蘇るような感覚があります。

何も説明がなくてもストンと入ってくるので、感覚的に相性のいい作品が多かったです。

 

 東京博物館のミュージアムグッズも少しだけ、購入してみました。

はにわソックスと歌川広重の版画「金魚づくし 玉や 玉や」の金魚タオルです。

 

誰かに会った時にあげようかなと思って購入しました。

と思ったら、偶然にも父が上京してきているようなのであげようかな。

こうゆう虫の知らせ的な事ってありますよね?